京都市の事例

京都市でアスファルトとインターロッキングのクリーニングをしました

昨日は京都市でアスファルトとインターロッキングのクリーニングをしました。

新築のマンションの庭部分のアスファルトが白っぽくなっていたので若干着色されたようなのですが、なかなか乾かず、着色した部分を踏んだ靴でアプローチのインターロッキングが汚れてしまったようです。

担当の方から詳細の説明を受けていたので、ベストな方法を頭の中で組み立て、準備して伺いました

実際の作業でスッキリきれいになりました。

京都市で在宅のお部屋全体のハウスクリーニングをしました

昨日は京都市の大掃除をさせていただきました。

エアコンクリーニング4台、お風呂、コンロ、換気扇、排気口、ベランダ、バルコニー、サッシガラス8ヶ所、そして床の剥離です。

床は床暖用のワックスレスの素材にワックスをかけてしまっていて、密着していないにもかかわらず日頃の使用で剥がれて来ています。

見た目はムラムラ。。気になります。

お客様のご依頼で剥離のみをさせていただきました。

でも床暖用のワックスレスのものを剥離する際、通常の剥離剤を使用すると継ぎ目から入り込みボンドを侵したりします。

経験上、安全に使用できる洗剤が限られて来ます。

ゆっくり手間をかけて綺麗に剥がしました。

そして、最後のひと拭き!仕上げの一拭きが価値を高めます!

仕事納めに得意先の店舗の剥離ワックスをしました

大晦日の今日は私と有志スタッフの仕事納めです。

得意先の店舗の剥離ワックスです。長年自分達でワックス掛けをされていましたので、ワックスが何層にも重なっています。

ワックスの剥離作業は流石に私達にご依頼がありました。

ワックスの剥離作業は通常の洗浄とは洗剤や工程が違ってきます。

ワックスを完全に剥がしてしまう作業なので、綺麗に剥がすと元通りの綺麗な素材が出てきます。

http://www.perfect-clean.net/wp-content/uploads/img_2821.mov

業務用高圧洗浄機でマンションの共用部のクリーニングをしました。

昨日で他のスタッフは仕事納め。という事で、昔に戻って一人でボチボチ進めています。

昔はこんなだったなぁとか思いながら、マイペースに。

お隣ではマンションのオーナーさんが家庭用の高圧洗浄機でガレージをクリーニング!

私はエンジン式の業務用高圧洗浄機でクリーニング!

作業をしていると、やはり仕上がりが全然違うので、隣のマンションのあそこもここもとリクエストが増えてきます。

http://www.perfect-clean.net/wp-content/uploads/img_2812.mov

学校の食堂・厨房で御用納めです

今日は京都市でスタッフ6人と学校の食堂・厨房、同じ学校の寮の食堂・厨房・お風呂の大掃除でした。

今日の京都市は凍える寒さ(u_u)

みんな寒い中、頑張ります。が、厨房の油汚れは寒さで落ちにくくなっています。

お湯の洗剤を作って、そこに漬けおいたり、そこで洗ったりしてボチボチ進めていきます。

また、お風呂は長年の汚れの蓄積でなかなか手強く時間がかかります。

みんなで暗くなるまで頑張って、本年の営業は終了です。

一年お疲れ様でした。来年もよろしく!

あと少し、作業が残ってるので、ボチボチこなしていきます。

今日は大きなお家の素敵なお風呂のクリーニングをしました

今日は京都市でもお屋敷町として有名な場所にある、やっぱりそれらしい立派なお家のお風呂のクリーニングです。

お風呂がすでに凝ってます!

紫系の御影石を基調に、天井は白木の材料で!

白木は水を吸ってくれたり吐き出してくれたりする優れものなのですが、少し気を抜くと、汚れてきてしまいます。

ちなみに、檜風呂は常に湿気をくれてやらないと水漏れし出しますので要注意です。

そこで私の出番!ピッカピカになりました!

毎年ご依頼いただくお客様のお宅の大掃除をしました

今年も恒例の毎年ご依頼いただくお客様のお宅の窓の大掃除でした。

他の部分は綺麗にされていますので、吹抜けの窓を中心に、窓ばかりの大掃除です。

もう10数年も作業させていただいていますと、ご家族の構成も変わってきて、最近は新しいご家族も増えて嬉しく思います。

どうか素敵な新年を迎えられますように!

京都市で高所作業車でインド砂岩のクリーニングをしました

以前、見本洗いをしたビルのエントランス部分に貼ってあるインド砂岩を一昨日クリーニングしました。

今回は本格的に高所作業車を使用して、エントランスに貼ってあるインド砂岩を全体的にクリーニングです。

高所作業車を使用するには、自動車免許の他に、高所作業車の免許が必要です。

時間をかけてしっかり洗うと新品のようになります。

ただ防汚のためのコーティングは効果が持続するとは考えにくいです。

というのが、表面被膜タイプで固めてしまうと、せっかくのインド砂岩の風合いを殺してしまいますし、インド砂岩の特性であるパリパリ剥がれていくことを考えると、表面被膜タイプ、浸透性保護剤、どちらでも長持ちしそうに無いからです。

自然のままに風合いを楽しんでいただくのが良いように思います。

久御山で温水の高圧洗浄で機械油の汚れをクリーニングしました

今日は工場の外部階段の塗替えに絡んで、機械油が酷すぎって、ペンキが乗らないので除去して欲しいとのご依頼です。

見てみると、機械油がコッテリ付いていて、ノンストップが隠れてしまってます。

でも、触ってみると微妙にプニプニします。

なるほど、ペンキを塗っても剥がれてきそうです。

洗剤とワイヤーブラシで気長にするのも手ですが、今回は洗剤と高温の高圧洗浄で落とします。

まずは汚れが飛び散っても良いように、養生です。

その後、洗剤の原液を塗り込んで、しばらく放置して汚れを浮かせます。

そして、100度以上の高温で高圧洗浄します。

その工程を2度行い、水っ気を除去して終了です。

京都市で床の間のケヤキの蝋引きのシミ抜きをしました

先日、床の間の白木のシミ抜きをしたお客様の依頼で、床の間のケヤキの蝋引きのシミを抜きました。

確かに、床の間の掛け軸の飾ってあるあたりの床部分のケヤキの蝋引きにシミがついていたら凄く気になります。


色目が違うのが分かります。最近のケヤキはニスを塗ってありますので、剥がさないとシミ抜きは出来ませんので、ニスを剥がします。


するとシミの本体が顔を出します。ここでは周りの部分に被害が及ばないよう気をつけ、しっかりニスを剥がします。

次からは白木のシミ抜きです。ベストな薬品を使ってシミを抜きます。


まだ、少し残っていますが、最終的には


となります。

最後に、蝋引きを行い仕上がりです。

1 / 1912345...10...最後 »

▲TOPへ