昨日は兵庫県のとある新築工事の工場の冷凍室の壁面のクリーニングをしました。

実働するまでもう間が無いらしく、冷やしこみが始まっています。

いくら強力な冷蔵庫であっても、マックスの温度まで持っていくのに何日もかかるのです。

昨日時点で-25℃!入ってみると、そこは普段とは違った世界!

寒いのはもちろんなのですが、水分は凍りついてしまいますので乾燥しています。

また、吐く息が眉毛や睫毛について凍って来ます。

クリーニングの仕方も当然変わってきます。

水を使ったクリーニングが出来ないのです。冷やしこみが始まる前にしっかりクリーニングするか、水を使わない方法でクリーニングするか!

また、熱を加えると、一旦水分が溶けて、直ぐに凍ってしまいます。

ってことは、水分が蒸発することもないのです。

限られた条件の中での作業。こんな時も問題なくクリーニング出来ました。

極寒の中、雑巾もすぐ凍り、ガラスを雑巾で拭いたら直後に凍ってしまうような、普通なら帰ってしまうような状況でも諦めずにクリーニングを続けてきました。

その経験と知恵が活きました。

こんな時、お湯を沸かして手を温めがちですが、作業に戻ると速攻で冷えてしまいます。しもやけや凍傷の原意にもなり得ます。可能な限り厚着して遠赤系のものやカイロ、摩擦等で暖を取るのが正解です。

今回は企業機密がありますので写メや具体的な会社名は控えさせていただきます。



京都市でハウスクリーニング・エアコンクリーニング・清掃なら当社へお任せ!

パーフェクトクリーン
電話番号:0120-969-173
受付時間:6:00~24:00
住所:〒612-0829
京都府京都市伏見区深草谷口町70-31
お問い合わせはこちら(24時間対応)

LINEで送る